社会福祉法人 信和会

広報「なかよし」
2018年02月号
2018年01月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年09月号
2017年08月号
2017年07月号
2017年06月号
2017年05月号 
2017年04月号
2017年03月号

法人本部

〒 103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

東京事務センター

〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

仙台事務センター

〒981-0901
宮城県仙台市青葉区北根黒松2-10 TEL:022-727-8907

盛岡事務センター

〒020-0839
岩手県盛岡市津志田南三丁目2番2 TEL:019-681-1758

八戸事務センター

〒031-0801
青森県八戸市江陽二丁目13番33号 TEL:0178-45-6600

2018年02月号 スマホのカメラ

Ⅰ撮影

①フラッシュ:画面左上。「オン」「オフ」「自動」から選択できます

②HDRとはハイダイナミックレンジのことで、複数の写真を撮影して合成し、良い部分だけを残して1枚の写真を仕上げる機能です。「オン」「オフ」「自動」を切り替えることができます

③LivePhotosの「オン」「オフ」の切り替えができます

④タイマー:「オフ」「3秒」「10秒」からタイマーを設定できます

⑤フィルタ:タップすると「モノ」「トーナル」「ノアール」「フェード」「クローム」「プロセス」「トランスファー」「インスタント」の8種類から希望のフィルタを選択できます
*「モノ」は一般的な白黒フィルターですね。
*「ノアール」はちょっと淡い感じのモノクロです。
*「フェード」は少し色味が薄く色あせた古い写真みたいなイメージに。
*「クローム」はちょいビビッド。
*「プロセス」はクロスプロセス風の色味に。
*「トランスファー」は少し色味を抑えた懐かしい雰囲気の写真に。
*「インスタント」はその名の通りインスタントカメラで撮った雰囲気に。

⑥オートフォーカス

⑦撮影モード:画面下部にありスライドしてモードを変更できます。「タイムプラス」「スロー」「ビデオ」「写真」「スクエア」「パノラマ」から希望のモードを選択できます。
*ポートレート 背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。
*スクエア カメラ画面の枠が正方形に制限されます。これは、多くのソーシャルメディア App に適した写真サイズなので、写真を撮って、そのまますぐにお気に入りのソーシャルプラットフォームに共有できます。
*パノラマ 写真に収めたいのにカメラの画面に入りきらない場合は、パノラマモードを使って、きれいな広角写真を撮ることができます。
*ビデオ ビデオモードにすると、シャッターボタンが白から赤に変わります。シャッターを 1 回タップすると撮影が始まり、もう一度タップすると停止します。ビデオの長さを編集することもできます。
*スロー スローモーションビデオで、大切な瞬間をゆっくりと捉えることができます。
*タイムラプス タイムラプスモードに切り替えてシャッターボタンを押すと、シャッターボタンをもう一度押すまで、連続的に写真が撮影されていきます。

⑧切り替え:タップすると前面カメラと背面カメラの切り替えができ、前面カメラであれば自撮りしやすくなります

⑨サムネイル:タップするとこれまで撮影した写真や動画を見れます。


ⅡAE/AFロック
AEとはautomatic exposureの略でカメラが自動的に適正な明るさに補正してくれる機能のことで、AFとはautomatic focusingの略で、カメラが自動的に被写体にピントを合わせる機能のことです。そして、AE/AFロックとは明るさとピントを固定することです。
撮影画面で画面をタップすれば黄色い枠が表示されオートフォーカスしますが、ピントを合わせたい場所を長押しすると「AE/AFロック」という文字が表示されピントをロックできます。ピントをロックした後は、黄色い枠と一緒に表示されている太陽マークを上下にスライドすれば明るさを調節できます。機能と操作方法を知っておくと非常に便利です。


ⅢHDR機能
HDR(ハイダイナミックレンジ)機能を使えば、肉眼で見ているような雰囲気の撮影が可能になります。HDR機能は露出の異なる写真を複数撮影し、それらを合成して肉眼で見た時に近い自然な画像を仕上げる機能です。


Ⅳデュアルカメラシステムで望遠撮影
撮影画面の下部に表示される「1☓」をタップすると「2☓」に変化し、光学2倍ズーム相当の撮影が可能となります。最大10倍のデジタルズームが可能であり、遠方の被写体であっても望遠撮影により鮮明に撮影できます。


Ⅴポートレート撮影
デュアルカメラシステムでは、ポートレート撮影も可能です。ポートレートモードで撮影すれば、被写界深度エフェクトを適用でき、被写体はくっきりと写っていて背景はぼかしが入っている写真ができあがります。


Ⅵグリッドをオンにさせての撮影方法
撮影画面にグリッドを表示させることもできます。グリッドとは画面を9分割した補助線のようなもので、写真の構図を決めやすくなります。グリッドを上手く活用することで、誰でも見栄えの良い写真を撮影することが可能です。