社会福祉法人 信和会

広報「なかよし」
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年09月号
2017年08月号
2017年07月号
2017年06月号
2017年05月号 
2017年04月号
2017年03月号
2017年02月号
2017年01月号

法人本部

〒 103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

東京事務センター

〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

仙台事務センター

〒981-0901
宮城県仙台市青葉区北根黒松2-10 TEL:022-727-8907

盛岡事務センター

〒020-0839
岩手県盛岡市津志田南三丁目2番2 TEL:019-681-1758

八戸事務センター

〒031-0801
青森県八戸市江陽二丁目13番33号 TEL:0178-45-6600

2017年10月号 はじめに

 平成29年度も10月となって下期に入りました。

 今月は就労継続支援事業所クローバーズ・ピア八戸東の事業所移転とクローバーズ・ピアショートステイの完成引き渡しがあります。いずれも特養のエリア及び隣接地で行われる大きな事業となっております。

 他方、クローバーズ・ピア日本橋では、利用者の減少を受け、お借りしている中庄ビルの6階部分を解約、返却することといたしました。

 さて、平成29年4月1日に厚生労働省令の改正があって、これを受けて本年6月にA型事業の見直しという事務連絡があり、就労継続支援事業所にアンケートがきました。

 当法人ではこれらを受け、A型事業について根本的に見直すとともに、9月になって福祉保健局に質問事項を文書で提出し、面談のうえ回答をしていただきました。

 そして、10月5日クローバーズ・ピア日本橋の実地検査が行われました。その検査のときにも残る疑問点について質問し、協議をさせていただいて、これまで曖昧なままにきていたものについて、一定の明解な内容を、納得する事ができたところであります。

 生産活動から伴う収入から必要経費を差し引いたものがA型利用者の方々の賃金以上になっていなければいけないということ、また、年々続く最低賃金の引き上げ、そして最終的には政府は千円にするという事を示しております。

 当法人はこれらを受け、クローバーズ・ピアワッセにおいては、A型事業をしっかりと運営して参ることを方針として打ち立てております。

 8月には、八戸、盛岡、仙台、東京の就労継続支援事業所の施設長及びサービス管理責任者、その他主要メンバーが、仙台ワッセに一同に会して、真剣に議論したところでありました。

 次いで11月になったらまたワッセで一同に会して最終的な法人としての運営方法の確認を行い、適切な就労継続支援事業を運営していくということで、対応して参りたいと思っております。

 社会福祉法人こそがA型事業をしっかりと適切に運営できるということを、内外にきちんと示してクローバーズ・ピアワッセのA型事業がモデル事業としてみていただけるように、法人全体で一丸となって、全力を尽くし、運営して参る決意であります。

 以上、当法人の下半期初頭にあたっての事業の一端をご説明申し上げ、広報なかよし10月の発刊のご挨拶とさせていただきます。

 引き続き関係各位の皆様方のご鞭撻ご理解を賜るようお願い申し上げます。