社会福祉法人 信和会

広報「なかよし」
2017年08月号
2017年07月号
2017年06月号
2017年05月号 
2017年04月号
2017年03月号
2017年02月号
2017年01月号
2016年12月号
2016年11月号 
2016年10月号
2016年09月号
2016年08月号

法人本部

〒 103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

東京事務センター

〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

仙台事務センター

〒981-0901
宮城県仙台市青葉区北根黒松2-10 TEL:022-727-8907

盛岡事務センター

〒020-0839
岩手県盛岡市津志田南三丁目2番2 TEL:019-681-1758

八戸事務センター

〒031-0801
青森県八戸市江陽二丁目13番33号 TEL:0178-45-6600

2017年8月1日
 皆さんおはようございます。過去3回それから夏祭りの時、そして今日ということで皆さんにお話をしたいと思ってここにきました。

 今まで皆さんの毎日のお仕事が、生産活動に基づく収入から、必要経費を引いたものが皆さんの賃金になるような作業でなければなりませんと言ってきました。

 就労継続支援にはA型とB型とあるんですね。A型については、雇用契約を結んで働いて頂くということです。雇用契約を結ぶということは労災保険なども適用されるということになり、そして県が定める、毎年上がっていきますけど、最低賃金以上を払うということになっています。それに見合うだけの生産活動を行っている就労者の方々には、何の影響もないことです。でもそこまでの生産活動による収入が十分ではないままにいる方に影響することです。

 B型は雇用契約に基づかない利用ですね。したがって労災保険がない代わりに福祉総合保険に入っております。

 A型は最低賃金以上を給与として払ってください。B型は最低賃金でなくてもいいとなっているのですが、A型は決められた日に必ず出勤して、一定の訓練を受けたうえ、決められた作業内容を決められた時間通りに働いていただき、その成果が、給与として、最低賃金以上を支払うものです。

 これに対してB型は、皆さんお一人お一人の要望に基づいて対応します。

 B型は労働者ということではなく、雇用契約を結んでいる訳ではありません。だから気分がすぐれない日は休んでも特に問題はありません。

 A型は出来るだけ休まないで予定通り働いて下さいということで、そうできないと給与の金額に影響してしまうことにもなってしまいます。

 これに対してB型は労働者としての縛りがない分、皆さんお一人お一人の個性を発揮して、自分に合った働き方を探すことが出来、作業をするにあたって、訓練をマイペースで受けることに加え、ゆとりのある生活設計の下で、趣味や娯楽、休息を織り込んだ毎日を送っていただくことができるものです。

 この間お話ししたように、この土地建物は信和会の所有です。借金の担保に入っているものではありません。したがって、私共はこの土地建物を福祉に使う財産として運営しておりますので、引き続きここで就労事業をしたいと思っておりますし、そのように考えております。でも稼働率から考えていけば、全館がフル稼働という状況じゃなくて、まだまだ低いです。

 そこでこれからは様々な就労項目として新しいお仕事を、ここでやることを希望する人や、皆さんにふさわしいお仕事をどんどん見つけていって、そしてさらに多様な作業をここで行えるように皆さんも考えて頂きたいし、ここのスタッフも考えていって、そして皆さんの心と体の状況に応じて、自由に思いっきり働ける、活動できる、働くこと以外に安心してくつろげる居場所として、またレクレーションのできる場所として有効にこの施設の利用率を高めてまいります。

 与えられた仕事だけではなくて、私はこういうことをやってみたい、ここでお花を育ててみたい、ここで金魚を飼ってみたい、ストレッチやサッカーをやりたい、そういうことを含めて、なんなりとスタッフに申し入れ、スタッフもそれを提案して、そして素晴らしい多機能型の就労継続支援、A型B型を運営していきたいと思っております。

 明後日、市役所障害福祉課に行って、A型の見直しということについて監督官庁が実際どのように進めようとしているのかについてもお話を聞いてきて、そのことも皆さんにお知らせします。

 今日はB型とA型の違いのうちで、B型は自由なんですよ、皆さんのやりたい仕事を労働者としてではなくて、それぞれの個性を生かしてやっていくことができるものですよ。そしてくつろいで過ごせる居場所としてここを使っていただくところですということを申し上げました。

 それから最後に一つ、A型の変更についてということが大変急で厳しい内容だから困りましたね、皆さんご不満をもしお持ちであれば、私共は皆さんと同じ立場になって、皆さんに寄り添って、この制度を定めている厚生労働省の進め方がちょっと激しいんじゃないですかということを皆さんと一緒に行政に訴えていきたいと思います。

 私共が急に見直しをしたいのではなくて、役所のほうでA型の見直しということを言いだして、そして各事業所にアンケートを出して、A型の形になっていないところは改善計画を出しなさい、1回出してダメだったらもう一度出しなさい、それでもだめだったら、指定の見直しも視野に入れると言っています。

 それは私共が言っているのではなく、役所が言っているので、「そんなに急に激しいことはしないでください。」このように私共も皆さんと一緒に主張したいと思っているところです。
私共は役所が指定した事業所なので、定められた通りのサービスを提供せざるを得ないので、このように何回か続けて皆さんにお話ししてきました。

 何回かに分けてお話しした私の説明も一旦今日で終えさせて頂きますので、あとは施設長以下スタッフと丁寧にゆっくり、詳細に打ち合わせをして、いい方向を探していきたいと思っております。

 皆さんご清聴ありがとうございました。