社会福祉法人 信和会

広報「なかよし」
2017年07月号
2017年06月号
2017年05月号 
2017年04月号
2017年03月号
2017年02月号
2017年01月号
2016年12月号
2016年11月号 
2016年10月号
2016年09月号
2016年08月号

法人本部

〒 103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

東京事務センター

〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番4号 TEL:03-6661-2825

仙台事務センター

〒981-0901
宮城県仙台市青葉区北根黒松2-10 TEL:022-727-8907

盛岡事務センター

〒020-0839
岩手県盛岡市津志田南三丁目2番2 TEL:019-681-1758

八戸事務センター

〒031-0801
青森県八戸市江陽二丁目13番33号 TEL:0178-45-6600

2017年07月号 看護小規模多機能型居宅介護とは

 看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)とは、通所介護を中心に利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護、訪問看護を受けることができるサービスです。地域密着型サービスのため、原則としてお住いの市区町村の施設や介護事業所を利用するようになります。

 一体的に各種サービスが提供されることにより、柔軟な対応が可能になるので、医療面においてさらなる安心感が得られます。

170715_kango1.png

こんなときにご利用を検討しましょう
•いつまでも住み慣れた街で暮らしたいとき
•複数のサービスのご利用を必要とするとき
•顔なじみのスタッフにお世話をしてもらいたいとき
•退院直後に在宅生活に戻るのが不安なとき
•がん末期などの看取り期や病状が不安定なときでも在宅での生活を続けたいとき
•医療ニーズの高い要介護者や認知症の方がひとり暮らしを続けたいとき
•要介護度や医療必要度が高い方を介護している家族の負担を軽減したいとき

利用対象者
要介護(1~5)と認定された方
•40~64歳までの方については要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。
•※要支援(1~2)の方は対象外となります
原則としてその市町村の住民のみ
費用 ひと月あたり、どのくらいかかるの?
事業所と同一の建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など)以外に住む要介護3の方が、看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)ひと月利用した場合の基本サービス費

170716_kango2.png


利用方法
利用するまでの流れ
1. 担当のケアマネジャーにサービスの利用を相談しよう

170717_kango3.png
まずは担当のケアマネジャーに現状困っていることを伝え、利用を検討してもらいましょう。

170719_kango5.png

2. ケアプランを作成してもらおう

170718_kango4.png

実際に利用したいサービスの内容や、利用頻度などを決め、
利用したいサービス提供事業者と話し合いましょう。





3. サービス提供事業者と契約後、サービスの利用開始!

170720_kango6.pngケアプランが完成したら、直接サービス事業者と契約をし、サービスの利用を開始しましょう。


※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります

※ これまでの事業者が看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)を行っていない場合、新たな事業者との契約となりケアマネジャーが変わってしまいます


サービス内容 サービス種類
「看護小規模多機能型居宅介護」で受けられるサービス
利用者や家族の状態にあわせて、「通い」を中心に、「泊まり」や「訪問」といった下記のサービスを、柔軟に組み合わせて受けられます。
•通所介護(デイサービス、認知症対応型通所介護、通所リハビリテーション)
•ショートステイ(短期入所生活介護、短期入所療養介護)
•訪問系サービス(訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護)

170721_kango7.png

看護小規模多機能型居宅介護事業所は利用者の主治医と連携を取りながら、医療行為も含めた介護サービスを、24時間365日提供します。
同じ地域密着型サービスである小規模多機能型居宅介護では対応できなかった、医療ニーズの高い利用者の対応が可能です。